夜行バスは、とてもお値打ち。

旅行は楽しいですが、何かとお金がかかりますよね。特に新幹線や飛行機を使うと、往復の交通費だけで何万円も飛んでしまった・・・なんてことになりかねません。 そんなときに便利なのが、夜中の時間を走行して目的地まで向かう夜行バスです。メリットは何といっても、飛行機や新幹線など他の交通手段と比べて値段が安いことです。往復割引や早割りを使えばもっと安い値段で利用できる場合もあります。 「でも夜行バスって窮屈で眠れなかったりして、結局次の日に影響しちゃうんじゃ・・・」という意見もありますが大丈夫、バス内では乗客が快適に過ごせるように様々なサービスが提供されています。隣同士を仕切るカーテンはもちろん、アイマスク、ブランケット、耳栓などバスの中でもきちんと睡眠が取れるような配慮がされているところが多いのです。さらに夜行バスは、普段なら自宅で寝ている時間を使って目的地まで移動していることで時間を有効に使っています。一晩をバスの中で過ごしているわけですから、移動しながら一泊分の宿泊費を節約したことになります。快適に過ごせる上に他の交通機関に比べて安い値段で目的地まで行けるのならば、こんな便利な手段を利用しない手はないですよね。

往復使えば、宿泊代0円

旅行では、宿泊費と交通費をうまく工夫してリーズナブルにすませることによって現地での施設の入館料にあてたり、名産物を味わったりお土産代にも回すことができます。 夜行バスは、他の交通機関に比べてとてもリーズナブルであり、夜の寝ている間の時間を利用してバスが移動するため、往復で利用すれば宿泊代が0円になるので宿代を抑えることができます。夜行バスを利用したことのない人には、学生など若い人が利用するものと思っている人も多いかもしれませんが、スキーツアーバスや繁忙期の臨時便でない限りは1人掛けシートのバスが使用されているので大人から子供まで多くの人に安心して利用されています。横は3列になりますが、隣の人と顔が合わないように半列ずつずらしてあるので他の人が気になることもありません。また、ワンランク上になれば横2列でゆったりとしたシートであったり、座席にもテレビやマッサージが付いたものなどさまざまな機能が付いているものもあります。 夜行バスは前日の夜10時から11時くらいの出発するので、出発日が仕事でも自宅に帰って入浴と夕食を済ませてからでも十分間に合う時間です。バスを宿としてリーズナブルな旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連コンテンツ

東京ドーム1.8個分の広さ!ANA機体工場見学

ヨーグルトについて楽しく学べる!明治なるほどファクトリー関西